認知症・高齢者総合内科

Dementia / Elderly Comprehensive Internal Medicine

対象疾患・治療項目

レビー小体型認知症
パーキンソン病
アルツハイマー病
前頭側頭葉変性症
皮質基底核変性症 他
認知症患者さんに認める一般内科疾患

ご本人様へ「こんな症状ありませんか?」

お一人で悩まずご相談下さい
当てはまる症状があるかチェックしてみて下さい

物の名前が思い出せなくなった

しまい忘れや置き忘れが多くなった

大切なものを紛失するようになった

ご家族様へ「こんな症状ありませんか?」

ご家族様もご相談下さい
当てはまる症状があるかチェックしてみて下さい

何度も同じことを聞く

薬の管理が出来なくなった

性格が変わったように感じる

物忘れと認知症

人の脳は加齢とともに機能が老化し、記憶力のほか、判断力や適応力などが衰えてきます。物忘れも次第に増えていきますが、これは自然な老化現象でもみられ、物忘れイコール認知症ということではありません。

加齢による物忘れ

・出来事自体は覚えている

・ヒントが有れば思い出せる

・物忘れの自覚有り

認知症

・出来事自体を記憶していない

・記憶していないので思い出せない

・物忘れの自覚無し

認知症の種類

認知症の原因と考えられるものは様々ありますが、主なものは下記の4種類が挙げられます。

1.アルツハイマー病

原因
異常なタンパクであるアミロイドβやリン酸化タウが脳神経細胞を壊すことで発病します
症状

・直近の出来事を覚えていない、新規の事柄を覚えられない

・時間や場所の認識が出来なくなる

・段取りが上手くつけられなくなる、判断や検討が不得手になる

2.脳血管障害

原因
脳の血管がつまる「脳梗塞」や血管が破れる「脳出血」など、脳に分布する血管の障害により脳神経細胞が壊されることで発症します
症状
記憶障害や時間や場所の認識の障害、段取りをつけづらくなるなどの症状はアルツハイマー病と共通ですが、低下した機能と残存している機能との乖離が大きいのが特徴です。感情のコントロールがつき難くなる「感情失禁」を伴うことがあります。

3.レビー小体病

原因
αシヌクレインというタンパクによる異常構造物「レビー小体」が脳神経細胞の中に出来ることで神経細胞が壊され発症します
症状

・手足がふるえる、動作が鈍くなる、歩行がし辛くなるなどのパーキンソン症状

・実際には存在しない物がみえる「幻視」や、存在するように思う「誤認妄想」

・就寝中に大声を挙げたり、手足をばたつかせるレム睡眠行動障害

・見たものの形や距離が実際とは異なる視空間認知機能障害や注意力の低下

4.前頭側頭葉変性症

原因
タウタンパクやTDP-43という異常なタンパクの蓄積により脳神経細胞が壊され、脳の前頭葉や側頭葉が萎縮する事で発症します
症状

・社会的ルールを無視した行動や、礼を失した言行動

・目に入った情報に影響され、行動に移してしまう「視覚の被影響性の亢進」

・同じ時間に同じパターンの行動をとるようになる「常同行動」

・感情のこもらない浅薄な話し方、発語量は多いが内容が不明な「意味失語」やたどたどしい話し方の「非流暢性失語」

脳の萎縮部分や原因を診断する事で最適な治療方法を見つけます

画像提供 横浜新都市脳神経外科病院

あれっ?と思ったら…

日本認知症学会認定専門医による認知症相談

認知症によっては、医療機関への受診が困難な方は多くいます。

最近ご本人の様子がおかしい

最近ご本人の様子がおかしい

引きこもっていて家から出られない

引きこもっていて家から出られない

ご本人が受診したがらない等でお困りの方

ご本人が受診したがらない等でお困りの方

ご家族だけでも相談したいとお考えの方は、お問い合わせください。
レビー小体型認知症を特に専門としています。

認知症・高齢者総合内科:眞鍋 雄太

専門 レビー小体病 認知症性疾患 内科一般
認定 日本認知症学会 専門医・指導医 日本旅行医学会 認定医 公益社団法人日本医師会 認定産業医
レビー小体型認知症サポートネットワーク東京顧問 難病指定医(パーキンソン病)
ボトックス療法 認定資格医 レビー小体認知症研究会 世話人 口腔と認知機能研究会 世話人

診療の流れ

お問合せ・ご予約

当院のWEBサイトお問合せフォームまたはお電話にてご予約下さい。

ご予約確定後、ご来院をお願い致します。

お問合せフォーム

03-6436-7991

認知症診療の流れ1、お問い合わせ
初診

問診票に基づいた問診、一般身体診察および神経学的診察を行い、診断のために必要な各種検査(神経心理学検査、脳MRI、脳血流シンチグラフィ他)の予約を手配。また、結果説明のための再診日を予約して頂きます。

認知症診療の流れ2、診察
各種検査

予約した必要な検査項目を、指定医療機関にて行います。

検査・撮影の前に必ずお読み下さい
検査・撮影前の注意事項
認知症診療の流れ3、撮影
再診:結果説明

MRI・RI撮像後、再診して頂き、検査結果を説明します。その結果、さらに詳細な画像検査や生理検査が必要となる場合もあります。

認知症診療の流れ4、再診・結果ご説明
再診:治療

臨床診断確定後、必要に応じて各種薬物治療を開始致します。その後の再診期間は、個々により異なりますが、コリンエステラーゼ阻害剤という薬物を用いる場合、原則として内服開始2週後の再診が必要となります。

認知症診療の流れ5、診断確定
インディバークリニック診療スケジュール

医療法人社団MER インディバークリニック

他の医療機関で治療不可能と言われた方もご相談ください。

東京、港区、品川、芝浦近辺での新型コロナウィルスPCR検査・ワクチン接種
東京都港区海岸3-26-1 バーク芝浦ビル5F
  • #内科
  • #歯科
  • #神経内科
  • #循環器内科
  • #腸内フローラ
  • #認知症
  • #がん
  • #緩和ケア
  • #歯周病専科
  • #インプラント
  • #口内フローラ
  • #健康診断
  • #PCR検査
  • #抗原検査